赤門の寺 法蔵寺

お知らせ

合祀納骨堂『慈恩堂』が完成
法蔵寺に合祀納骨堂(ごうしのうこつどう)ができました。 

名前は『慈恩堂(じおんどう)』です。
身内の御霊だけでなく、広くいつくしみの心を持って手を合わす。
また多くの方のご縁をもって生きている私たち、そのすべてのおかげさまに感謝する。
そのような意味を持っています。

「合祀(ごうし)」とは、合葬(がっそう)ともいい、
複数名のお骨(霊位)を一緒に納める供養の方法です。


本堂前に建立された『慈恩堂』


ちなみに法蔵寺では「永代供養」も受け付けています。

「合祀」と「永代供養」の違いは、
主なものは以下の通りです。

① 本堂内部にある永代供養堂『法和殿(ほうわでん)』を利用する「永代供養」に対し、
  合祀は、屋外でのご安置になります。


本堂内部の永代供養堂『法和殿』


② 永代供養堂が「浄寶塔(じょうほうとう)」に個別に安置されるのに対し、
  合祀は、他の方のお骨と合葬になります。

 「永代供養」は、ご遺族ご親族に変わり、永代にわたり代参(だいさん:変わりに墓参し、供養すること)します。
  「合祀納骨」は、お寺の年間行事の際に供養されます。

④ その他
   永代供養はお墓を建立したり、維持したりが困難な方が利用する、「個人墓」として契約することもできます。墓所をもとめることなく遺骨を管理可能です。
   また「永代供養」・「個人墓」ともに「生前契約」も出来ます。

   一方合祀は、
   ご縁のある方の弔いはしたが、墓を持つまでの義理はない・・・・
   家を出た身で、本家の先祖を守ることが厳しい・・・
   など、身近にある様々な事情の際に考えることができます。

少子高齢化による跡継ぎの問題。
様々な家の先祖を守っている。
など、様々な事情で悩んでいる方がいらっしゃいます。


このままでは、ご縁・祖先の御霊が粗末になる・・・・

ご心配の方は、ぜひ法蔵寺にご相談ください。
きっと安心できる方法を、ご提案できます。
また供養志納金等も含めて、さまざまなご事情に合わせてご相談に応じます。

ご相談、お申し込みは、法蔵寺 ホームページにて。

お電話の方はこちら → 0288-21-8220

(2017.09.13)