赤門の寺 法蔵寺

お知らせ

十夜大法要がおわりました。副住職による「健康法話」も好評でした。
先日11月12日(日)午後2時より
本堂において「十夜大法要」が行われました。


↑副副住職も参加しました。

法要では参列者による
百万遍の大数珠繰り」が行われ
無病息災を祈りました。

境内では、
多くの方から「新米の奉納」が行われました。
十夜は『感謝祭』でもあります。
丹精こめて作られた本年の「奉納米」をお供えできました。


↑お米だけでなく、ダイコンや白菜、ゆずも奉納されました。


皆様からお預かりした「写経」は
大法要の中で、御本尊様に奉納されました。
今年も多くの方が写経しました。
今年書くことができなかった方は、来年ぜひ挑戦してみてください。
ボールペン、鉛筆でもかまいません。


↑うすく浮き出た文字をなぞります。


法要に先立ちまして
薬剤師でもある副住職による「健康法話」が開かれました。
今回で3回目になります。
テーマは「薬の止め時はいつ?~心も体も健康に~」でした。

心も体も健康に健全になれば、笑顔になる。
笑顔は幸せを呼んでくる。
お釈迦様の教えにも絡めて約20分ほどお話しました。
質疑応答では、具体的な悩みや疑問が次々にでました。

大法要当日の午前中、
恒例となりました「秋の雅楽演奏会」が行われました。
本堂いっぱいに観客の方が集まり、
雅楽の音色とお舞を楽しんでいただきました。


↑今年は舞楽「抜頭(ばとう)」が披露されました。



地元、そば研究会の方々には
境内でそば振る舞いをしていただきました。
目の前でそばを打つ姿に、皆様目を奪われていました。
出来上がったそばを、すぐゆでて食べる。
とても美味しいそばに多くの方が舌鼓をうっていました。




↑今年もおいしかったです。

お寺内部では
地元の絵画サークル「桑の実会」の作品展示が行われました。
例年にも増して素晴らしい作品ばかり。
多くの方が熱心に見入っていました。




水餃子とポップコーンも好評でした。
水餃子はあっという間に売り切れました。



鹿沼のきくやさんも出店。面白いグッズをたくさん売っていました。




気の早い話ですが、
来年以降の十夜大法要では、皆さんが参加できるような形で
行いたいとと思っています。
ぜひお寺まで足を運び、
法要から御参加ください。

  前回の春の雅楽会の様子はコチラ!!  ← クリックしてください。

また、次回の雅楽演奏会
4月14日(日)です。
春は午前11時からと午後2時から。春は2回演奏があります。
お楽しみに。


 

(2017.11.16)