赤門の寺 法蔵寺

法蔵寺の境内・四季

境内案内
境内イメージ

法蔵寺ご縁の方々の思いを溶かし込んで鋳造した鐘。毎週日曜朝7時に時を知らせます。

境内イメージ

天皇家ゆかりの寺に許された赤門。参道は当時の信者の手で作られました。

境内イメージ

赤門は法蔵寺の顔です。明治時代、戊辰戦争の折に官軍によって焼かれた法蔵寺七堂伽藍の中で、唯一当時の面影をしのべる建造物です。近年では、映画やドラマの撮影でも使われています。

境内イメージ

法蔵寺客殿です。写経や文化講演など各種催しに使用されます。希望によりお稽古事や集会に使用することも出来ます。

境内イメージ

ゆとりある広さが、訪れる方の気持ちを安らげます。客殿奥部には悟りの窓があり、心を落ち着けます。

境内イメージ

御本尊阿弥陀如来。釈迦の死後、現世の人々を護り救う仏です。名号は「南無阿弥陀仏」。

境内イメージ

御本尊様の裏手には檀信徒の位牌がおさめられている。朝晩の勤行で毎日懇ろに供養する。また永代供養堂「法和殿」では多くの仏様を末永く代参しております。

境内イメージ

桜の時期は夜ライトアップをしています。春の夜桜は新聞にも取り上げられるほど見事です。

境内イメージ

小学校発祥の地である法蔵寺は、境内も広く訪れるものをやさしく迎えます。春には花見、秋には紅葉、年末には除夜の鐘。多くの参詣者でにぎわいます。

境内イメージ

昭和56年竣工の本堂。毎週日曜7時からの朝のお勤めには法話を、毎月24日には念仏会をするなど門戸を広く空けて皆様をお待ちしています。

境内イメージ

人が生前の善の多少により生まれ変わるとされる六つの世界。その全てにおいて衆生を救う地蔵。赤い前掛けと赤い頭巾をかぶせると願いが叶うと伝えられます。

境内イメージ

日光連山を望む境内墓地。観光地や保養地に近い絶好の環境により、遠くは東京名古屋などから墓地を求める方もいます。墓地は現在も分譲中です。

境内イメージ

病気平癒の観音と当寺に伝わる。正月に観音札が授与される。無病息災にも利益があると言われます。

境内イメージ

悟りの間。法蔵寺客殿のなかで最上間です。大本山大僧正などをもてなします。

法蔵寺 ~四季の移ろい~
春イメージ

春は境内の桜が一斉に咲きます。毎年4月第2日曜に「桜まつり」があります。雅楽の演奏や日光手打ちそばのお振舞いがあります。桜の時期は、夜のライトアップを行っています。

春
夏イメージ

夏は車参道のアジサイが彩り鮮やかになります。緑にあふれた境内は訪れる方々に力を与えます。

夏
秋イメージ

秋は紅葉です。参道は鮮やかなトンネルになり、境内は色とりどりの紅葉で彩られます。ピークの時期にはライトアップされます。また11月第2日曜には秋の雅楽演奏会があり、雅楽を生でを聞くことができます。絵画展や芸術発表会も行われます。

秋
冬イメージ

冬は雪景色。年末には除夜の鐘が開催。108回までに撞いた方は「福」が引ける福引きがあるなどユーモアがあります。赤門にちなみ「朱」の破魔矢を限定でお授けされます。元旦0時からは新年祈願の「修正会(しゅしょうえ)」が行われ、限定観音札が配布されます。

冬